年中、生牡蠣が食べられる 「トラットリアカーボン」(福岡・薬院)でランチ。

Gourmet

トラットリアカーボン


皆さん、こんにちは。カキガールBo.006の吉良牧子です。

福岡では、牡蠣小屋とともにシーズン終わった感が漂っていて、カキガールとしては寂しい。でも、見付けました。年中、生牡蠣が食べられるお店を!

そこで、カキガールNo.017の梶原由美さんと、カキガール研修生の橋口絵里奈さんを誘い、早速、取材して来ました!

左から、梶原由美さん(No.017)、吉良牧子(No.006)、橋口絵里奈さん(研修生)。

福岡市中央区白金にある「トラットリアカーボン」は、その時に旬な生牡蠣をいつでも食べることができます。

「魚介とワインが楽しめるイタリアンのお店」、ということですが、ランチはハンバーグなどお肉メニューもいただけます。牡蠣もお肉も食べたい私たちにはぴったり(ちなみに予約はできませんが、12時から14時半までランチ営業しています)。

場所は、白金の有名な飲食店が並ぶ通り沿いににあり、地元の方なら分かりやすいと思います。入り口はお洒落な雑貨屋さんのような、可愛らしい外観。お一人様でも入りやすいお店です。

中に入ると、テーブル席とカウンター席。「カキガールの方ですよね?」とすでに顔バレ。嬉しかったです。広いお店ではないけど、とても落ち着く雰囲気の良いお店でした。ワインのメニューもズラーッと。

ランチメニュー

そして、牡蠣メニューがこちら。


ひとまず、「牛ハンバーグセットMサイズ 200g」(1,200円税込)と、牡蠣メニューからは、悩み抜いて私は、②と③をチョイスしました。

まずは、牡蠣が到着!


トマトソースにも挑戦したかったけど、あえてレモンのみで。まず、兵庫県赤穂坂越産真牡蠣「さこし真牡蠣」(1pc 590円)。うん、確かに食べ応えある。あーいつぶりなんだ、生牡蠣! 新鮮なプリッとした生牡蠣を食べられる幸せ。

次に、兵庫県赤穂坂越産シングルシード真牡蠣「ピュア坂越」(1pc 490円)。甘い。なんだか、すごい。小粒なのに瞬間、口の中で広がる。味の違いをここまで感じられるなんて感動モノでした。

とにかく、「美味しい!」としか言わない私たち。お店の女性の方がとても親切に牡蠣の説明をしてくださって、その話が聞きたくて通ってしまいそうです。

そして、ジュージュー良い音を立てながら、

ハンバーグも登場!


こちらは、旨味がぎゅーっと詰まった、肉肉しいハンバーグ。ボリュームがあって、味もシンプル! 柚子胡椒とあわせるのもお肉本来の味で勝負している感じがして美味しかったなー。

ランチに牡蠣のオプションも大満足だけど、夜にまた来たいな。 なぜならば、気になるメニューが他にあるから。

例えば、「牡蠣とカラスミのパスタ」(2,280円)、「牡蠣たっぷりのアラビアータ トマトソース」(1,980円)。「牡蠣とマッシュルームのアヒージョ」(1,380円)など、ワインと一緒にいただきたい。

私達はランチだったので躊躇しましたが、夜なら迷わず「生牡蠣4ピースセット」(2,310円→2,200円)、「8ピースセット」(4,620円→4,200円)を選びますね。夜、また訪問する楽しみが増えました。

福岡は牡蠣小屋だけじゃないぞ! 


是非、牡蠣好きな皆さん、「トラットリアカーボン」で牡蠣を年中食べ続けましょう。

食べログ情報

トラットリアカーボン


吉良牧子

写真、文・吉良牧子

お店情報

トラットリアカーボン

「生牡蠣」「魚介」「ワイン」「炭火」にこだわる魚介イタリアン。

  • 福岡県福岡市中央区白金1-15-7 ダイアパレス白金 1F
  • Google Map
  • 18:00~25:00
  • 092-534-7188
  • 不定休
  • イタリアン、オイスターバー
  • 薬院駅から徒歩5分。白金一丁目交差点の角。