お料理がすべて美味! 六本木のカキバー「オイスター&ワイン・シーズン」で絶頂体験。

Gourmet

オイスター&ワイン・シーズン


こんにちは。カキガールNo.005の安田光絵です。

先日、カキガール編集長の古屋美枝さんと、カキ上げツヤ髪の新連載でもおなじみの美髪カキ上げ師の加藤隆一さん、人形町でヘアサロン「nicomaria」を営むカキ好きの美容師さん、永岡哲郎さんと、六本木にある「オイスター&ワイン・シーズン」に行ってきました。

六本木駅からすぐなのに、喧騒から離れた静かな場所にあります。ここは、古屋さんが某グルメサイトのスタッフの方から「イチオシ」と教えてもらったお店だということで、期待が高まります!


地中海の洞窟をイメージした、青が基調の店内はアットホームな雰囲気。

最初にオーダーしたのはもちろんカキ!


あっさりと爽やかな、「USA産ピュージェットサウンド」(450円)、小ぶりながら旨味の強い「糸島」(550円)、甘味と塩味のバランスの良い、「長崎産の岩ガキ」(500円)、濃厚な味わいの「隠岐の島産の岩ガキ」(550円)、大ぶりでクリーミーな「宮城浜市産」(400円)。


こちらは1番人気だという「白ワイン蒸し、岩のりのソース」(525円)。濃厚なカキとクリーミーなホワイトソース&磯の香りの岩のりのソースが絶妙なハーモニーを醸し出し、確かに絶品! もう1個食べたかったけど、他のお料理も気になるのでガマン!


店員さんがおすすめしてくれた、「エゾ鹿のソーセージ、ザワークラウト添え」(1,150円)。肉の旨味たっぷりで、ジューシー。赤ワインに合う!

追加オーダーももちろんカキ!


ここで、生ガキがまた食べたくなって「隠岐の島産の岩ガキ」を追加オーダー。美味しくて、何個でもいけそうだけど、他のお料理も食べたいのでガマン!


これが、まさに好みドンピシャの味だった! 「かき入りアラビアータスパゲティー」(1,300円)。カキの風味が染みついたトマトソースのスパゲティに、カキが贅沢にゴロゴロ。


〆にもう一品、「かき入りリゾット」(1,500円)。濃いチーズのリゾットに、こちらもカキがたっぷり!! もうお腹がいっぱいでも、別腹のように食べられちゃう。

本当にハズレがなく、何を美味しいお店でした!

お店情報

オイスター&ワイン・シーズン

六本木駅からすぐなのに、喧騒から離れた静かな場所にあるオイスターバー。

  • 東京都港区六本木7-12-3 Power House B1
  • Google Map
  • [月~金] 18:00~4:00 [土曜日] 17:00~23:00
  • 050-5592-9322
  • 無休
  • オイスターバー、シーフード、ダイニングバー