ナショナル麻布の殻付き牡蠣を、ソフィア・コッポラとともに。

カキな人々

【カキな人々♯2】 堀江佑佳

こんにちは、牡蠣ガール009の堀江佑佳です。

週末に近所のスーパーへ買い物へ行ったら生食用の殻付き牡蠣を売っていたので、思わず衝動買いしちゃいました。

自宅にオイスターナイフがあるので自分でも開けられるのですが、ここはプロにお任せ…。

牡蠣といえばシャブリ!ですが、なんだかシュワっとしたものを1杯だけ飲みたい気分だったので、缶タイプのFrancis Coppola Sofia(フランシス・コッポラ ソフィア)を開けちゃいました。

こちらスパークリングワインなのですが、映画監督のフランシス・フォード・コッポラが娘のソフィア・コッポラに、「大きくなったら、君のためにワインを造ろう」と約束し、彼女の結婚記念に贈ったという、素敵なストーリーがあるんです。缶の周りに描かれた言葉は、父からみた娘ソフィアを表現した数々の形容詞が書き連ねてあります。辛口でフルーティーかつミネラル感があるので、牡蠣とも良く合いますよ。

ちょっと贅沢な休日の一人おうちランチでした。

シャブリも一人で飲みたいとき用に缶タイプがあるといいな(笑)。


yuka

文、写真・堀江佑佳