「レースクイーン激辛部」とコラボ!? 恵比寿「チャメ」で辛さMAXスンドゥブに挑戦!

Gourmet

チャメ 恵比寿店


カキガールNo.066の香澄明希です。先日「レースクイーン激辛部」のメンバーと恵比寿の「チャメ」さまにお邪魔しました。

「レースクイーン激辛部」とは、メンバーが全員レースクイーン(元もいます)で激辛好き! 3年前にゆるく始まり、現在、約30名が所属しています。

そんな私たち。今日のお目当ては・・・

「カキ純豆腐」


店内に貼られたメニューを見ると、広島産の大粒牡蠣が3コ入って1,400円。

これがですね、1〜7辛まで辛さを調整できるとのこと。大好きな牡蠣と辛いものを両方楽しめ、カキガールでありレースクイーン激辛部である私には持ってこいなお店。

ちなみにメニューに・・・

1辛・・・ベースの辛さ、キムチ食べられれば大丈夫です。
2辛・・・赤唐辛子味噌です。辛いのがお好きな方にオススメ。
3辛・・・みじん切りの青唐辛子入り、刺激のある辛さ。

という説明がありました。

4辛以上の説明はありません。ただ・・・

※以上の辛さ増しは、トッピングとなります。
3.5〜4辛 200円
4.5〜5辛 250円
5.5〜6辛 300円
6.5〜7辛 350円

と3.5〜4辛で200円増し! その後、クールに50円ずつ増してます。

ここはもちろん、私の選択は、辛さはマックスの7辛! バター(80円)とチーズ(200円)のトッピングを注文しました。

到着した「カキ純豆腐」辛さマックス!!


意外と赤くない! むしろ静かな出で立ちです。

生卵が付いてきたので、入れてかき混ぜてみると・・・

牡蠣と青唐辛子がたっぷり!! 


大ぶりの牡蠣が3つ入っていました。

ちなみに私の7辛はデススンドゥブと呼ばれているとのこと。確かにめちゃめちゃ辛かったです。食べられない辛さではないのですが、とにかく辛い。

辛いというより痛いかな?

「レースクイーン激辛部」のメンバーと。左から、なっちゃん、香澄、まゆかちゃん。

肝心の牡蠣はとってもぷりぷりで柔らかく美味しかったです。今まで生牡蠣を筆頭に、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、牡蠣フライ、炊き込みごはん、アヒージョ、ソテーと様々な牡蠣料理をいただいてきましたがスンドゥブは初めて。

牡蠣にはたくさんの調理方法があるんだなぁ、そして何をしても美味しいんだなぁと改めて実感しました。これからも美味しい牡蠣料理を探します!

食べログ情報

チャメ 恵比寿店


文、写真・香澄明希

お店情報

チャメ 恵比寿店

恵比寿からも代官山からも近い、石焼スンドゥブ専門店。トッピングも豊富!

  • 東京都渋谷区恵比寿南2-1-1 荻原ビル 1F
  • Google Map
  • 11:30~23:30
  • 03-5724-4566
  • 無休
  • 韓国料理
  • 東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」徒歩1分(5番出口)