「蕎麦和食はたり」(新富町)で、 よしもと芸人さんと牡蠣忘年会!

News&Event

「牡蠣モテレシピ」でおなじみ、バンビーノの藤田さんが、牡蠣好きのよしもとの芸人仲間さんたちと集まって牡蠣忘年会を開催するということで、カキガールの古屋編集長と参加させていただきました!

よしもと芸人と牡蠣忘年会!

右上から時計回りに、コロコロチキチキペッパーズ ナダルさん、アポロン山崎さん、インディアンス田渕さん、ニューヨーク嶋佐さん、「はたり」オーナーの石毛さん、バンビーノ藤田さん、古屋編集長。

蕎麦ダイニング「はたり」(新富町)


会場は、新富町にある「蕎麦和食はたり」さん。藤田さんはオーナーの石毛さんと家族ぐるみのお付き合いという間柄。


駅からすぐなのに、隠れ家的なしっとりとした雰囲気のお店。「美味しくて、体にいいもの」をテーマに、素材を厳選し、化学調味料を一切使わずさらに、糖質にも気を遣った石毛さん渾身のお料理がいただけます。

兵庫県の赤穂市坂越の生牡蠣登場!


「みんなで牡蠣開けに挑戦してみよう!」ということで、藤田さんがお取り寄せした生牡蠣を8キロ持ってきてくれました(通常は持ち込み不可)。兵庫県の赤穂市坂越の生牡蠣です。菌がほぼゼロで当たりにくいのが特徴だそう。

藤田さんが牡蠣をお取り寄せしている店はこちら!
「かましま水産」

http://www.sakosikaki.jp/shop/


一斉に牡蠣の撮影。牡蠣が大好物のインディアンスの田淵さんが大興奮!


こちらは、牡蠣を開けるナイフ。下が古屋編集長のもの。マイナイフがあるなんてさすが! 上のようなバターナイフでも代用できます。


まずは、藤田さんが見本を見せてくれます。


さすがの手際の良さで、スルスルと剥いていました。


藤田さんの説明を真剣に聞く、ニューヨークの嶋佐さん。

剥いた牡蠣を軽く水で洗って、そのままいただきます!


剥きたての新鮮な牡蠣は、みずみずしくてプリップリ!


美味しい牡蠣にご満悦の古屋編集長。牡蠣の開け方が、ハンパなく早い!



みんな真剣。一言も喋らず、黙々と牡蠣を開け、ひたすら食べる。


コツをつかめば、簡単! 「刺さった!」のポーズをする、コロチキ ナダルさん。「牡蠣って、口に入れた時、スイカの皮の味がしませんか?」とナダルさん。

みんなが首をかしげる中、藤田さんと私だけ共感。


私も苦戦して、やっと向けました。ぷるぷるで、口の中に広がる磯の香りが最高!!


最初は、何もつけずに食べて、次にレモンやオリーブオイルをかけて味の変化を楽しみます。同じ牡蠣でも、味の表情が変わることで飽きずにどんどんいけちゃう!


それから、絶品だったのが石毛さん手作りの辛味噌。千葉産の生のハバネロに味噌2種類、ギリシャのオリーブオイル、一味唐辛子を加えたもの。ピリリとした辛味がクセになる。

そして、こちらのお店はお料理が全て外れなく美味しいのも魅力。最初のお皿が、オリジナルの蕎麦味噌に、海苔の佃煮とわさび、かまぼこ。この蕎麦味噌がツボすぎて、ちょっとずつ酒の肴に食べるものなのに一気に食べてしまいました!

「はたり」の料理を紹介します!


こちらは、お店で用意してくださった岩手産の生牡蠣。大ぶりで、最初に食べた牡蠣よりクリーミーな味わい。牡蠣は、産地によって味わいが全然違うのも魅力。


鶏ハムのカルパッチョ。新鮮な生の鶏はプリプリしていて、まるで鯛のお刺身のよう。


豚バラ軟骨の煮込み。軟骨なのに、口の中でほどけていくほど柔らかい。


築地の宮川鶏卵で朝仕入れた新鮮な鶏を使った、レバーペースト。これがねっとり濃厚でクセになる味。


ふたたび牡蠣料理。牡蠣の唐揚げです。八丁味噌とお酒と出汁、秘伝のかえし、ニンニクに1日生牡蠣を漬け込み、唐揚げにしてあります。美味しくないわけがない!


最後の牡蠣料理は、牡蠣のみぞれ煮。濃厚とさっぱりのハーモニーで、何個でもいけちゃいそう!


まだまだ出てきます。牛すじ煮込み。お砂糖を少量しか使っていないので、牛の旨みををしっかり堪能できます。糖質を気にしている人にも嬉しい。


そして最後の〆は、石毛さんが打ったお蕎麦。大人気の鴨汁蕎麦です。なんと10割なのに、ツルツルとなめらかな食感。蕎麦好きが、ここに集まってくるというのも納得です。


今回、途中参加してくれたアポロン山崎さん。山崎さんは、芸人さんでもあり驚くほど当たると評判の占い師でもあります。私も鑑てもらいましたが、あまりのドンピシャぶりに本気で感激しました!!!

美味しいものを食べて笑って、とても楽しい牡蠣忘年会でした。来年も、新たな牡蠣の魅力を発見していきたいと思います!

予約はこちら!
「蕎麦和食はたり」

牡蠣のお取り寄せをするには?

藤田さんおすすめの「かましま水産」ほか、みなさんおなじみの「楽天市場」や「Amazon」でも気軽に購入できます。

 

Amazonで、牡蠣のお取り寄せ!

今回のメンバーの方たちの最新情報

みんな集まれバンビーノランド
【日時】1月14日(日) 開場10:15 開演10:30
【場所】よしもと幕張イオンモール劇場
【出演】バンビーノ
【ゲスト】プラスマイナス、アイロンヘッド、デニス
【料金】前売¥1,500  子供前売¥1,000 当日¥1,800  子供当日¥1,300

http://www.yoshimoto.co.jp/makuhari/schedule01.php#day14

「ステーキ宮」コラボメニュー大好評!!お披露目会!!
【日時】2018年1月19日(金曜) 開場19:00 開演19:30
【場所】シエロイリオ 蔵前
【出演】バンビーノ
【ゲスト】エグスプロージョン
参加無料。先着順。

http://www.cieloyrio.com/

ニューヨーク単独ライブ「NEW NEW YORK」
【日時】2018年3月2日(金) 開場19:00/開演19:30(公演時間約90分)
【場所】ルミネtheよしもと
【料金】 前売¥2,800 当日¥3,300

http://www.yoshimoto.co.jp/lumine/news/pc/2017/12/post-313.php

「てのひらをアポロンに透かしてみれば」(ぴあ)
アポロン山崎さんが、昨年出版した初の手相占い本。好評発売中。


mitsue

文・安田光絵